読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいぱー隊長の映画批評

アイパー隊長の映画批評のブログです。だいたいB級しか觀ないので、面白くないかも(´・ω・)

隊長は「ビーチ・シャーク」を観ました。

トレマーズとサメの悪魔合体

「「ビーチでシャーク(サメ)」って当たり前だろ!! サメは海にしかいないからな!」

これを観ても本当にそう思いますか?

ビーチ・シャーク [DVD]

サメ映画はここ数年ですごくバリエーションが増えました。

竜巻の風にのって来るサメは(とある界隈ですごく)有名なので、あえて紹介しませんが、私そんなにサメ映画みていないんですよね。

有名なのは「ジョーズ」と「ディープ・ブルー」でしょ?(ドキュメンタリーじゃない方)。そして、マイナーだけど、「パニック・マーケット」なんてサメ映画も面白かった。

過去みたのでは、サメのDNAを息子に取り込ませてできた人型サメモンスターの映画が記憶に残っています。(殺人ザメ キラーシャークみたいな名前だったはず)

なので、あまり奇抜なサメ映画は観ていないのです。

で、何を思ったのか今回この「ビーチ・シャーク」を鑑賞しました。ええ。ク○映画ですね。すばらしかったです。

あらすじを引っ張ってきましょう。

静かな島、ホワイトサンドに戻ってきた町長の不良息子・ジミーは、町を活気づけるため、ギャングからの自分の借金返済のため、大規模パーティーの開催を計画する。保安官ジョンと、その妹であり同じ保安官でもあるジミーの元カノのブレンダはそれをじっと見つめている。 ビーチではサメに襲われたと思われる若者の死体が海から離れた位置で発見される。通常のサメとは違う恐怖が島を襲う。ビーチの閉鎖を主張する保安官と、フェス開催を強行しようとするジミーは対立。続出する犠牲者たち。そしてついに、眼前に、砂の中から人間を食らうために飛び出す巨大な"ビーチ・シャーク"が姿を現した!!(Youtubeから引用)

www.youtube.com

うーむ。香ばしい。

※この辺から若干ネタバレしますので注意※

ちなみに

町長の不良息子・ジミー

主人公じゃありませんでした。(どっちかっつーと敵役?)いいキャラでしたがね。

ビーチ・シャーク”は書いてある通り、水陸両用です。海に入っていなければ、サメは襲ってこないという知識が全く役に立ちません。

砂に潜って移動することが可能なので、浅瀬でも襲われてしまいます。恐ろしい。

昔いたシロワニが進化した生物らしく、鱗が砂の摩擦や抵抗を減らすことができるような構造で、スイスイ泳げるとのこと。なにそれすごい。

トレマーズ」というモグラのように地面に潜り襲ってくる映画というのはありましたが、サメ映画というジャンルでは、面白いアイディアで、アニマルパニック好きとしてはいい感じのモンスターなんですが、モンスター以外がひどい。

目立つのはチープさです。映像のこと? いえ、それはいつものことなので、あえてツッコミはしません。(今回はどちらかと言えば頑張っている方だと思います。)

島を盛り上げるためにイベントを開いたはずですが、1000人ぐらいしか来ず。1000人で盛り上げられんのか。島のイベントでは多い方なのかな。

「イベントには1000人くるぞ!」と喜んでいましたが、実際の映像では100人もいなさそう。しかもイベント開場はテント5つぐらいで、みてて寂しいです。「ピラニア」ぐらいエキストラの人呼んでみてや。

そこから王道なタイミングでビーチ・シャークが襲ってきますが、逃げる時も渋谷の交差点に負けないぐらいのクロスした逃げ方です。そんな散らばって逃げちゃあっという間にエサになっちゃうよー。「早く砂浜から出なさい」とアドバイスしたくなりました。

あと常識人が少ない。ほとんどがクレイジーです。「島の過疎化がひどいので、イベントを絶対に開きゃなきゃならないんだ! サメなんて知るか!」

気持ちはわかりますが、開いちゃダメでしょ。

案の定、虐殺されちゃうし、遊びに来た人たちは残念、アーメン。

最後はラスボスのシュチュエーション。この手の映画は、「実は今まで見たサメは子供だったんだ!」とか「父親がまだ隠れているぞ!」とか大いにありますが、今回は前者でした。

で、大切なセクションだと思いますが、約3分で殺されます。盛り上がるシーンなはずなのに。エイリアンを見習ってほしいです。

ふぅ、言いたいことは言えたような気がします。

え? 楽しかったですか? 楽しかったです。

ここ最近色々みてたはずですがね。「キングコング(2004?)」だったり「ゴジラ(2014)」だったり。「ミミック」とかも面白かったと思う。どうして良作ではなく佳作未満のレビューばっかりしちゃうんだろう。

こういう映画は時間の無駄だ!と思ったりすることもありますが、やめられないんですよね。かっぱえびせんみたいだな。

これからも時間見つけては、頭を空っぽにできる素晴らしい映画を観続けていきたいと思います。

ビーチ・シャーク [DVD]

ビーチ・シャーク [DVD]

隊長は「マンイーター」を観ました

「牙の生えた蒸気機関車」ってわかりづらいと思いました

久々のワニ映画です。「マンイーター」。

マンイーターDVD

あらすじ

美しき大自然に囲まれたオーストラリアの世界遺産カカドゥ国立公園。 観光客を乗せた人気のリバークルーズ船が突如水中からの攻撃を受けて沈没。 どうにか川に浮かぶ小島にたどり着いた彼らを、今度は満ち潮が襲う。 やがて、対岸の島への脱出を図る彼らを狙って水中の超巨大な影が動き出す。 ひとり、またひとり、貪欲な牙のえじきとなっていく人間たち。広大な世界遺産に被害者たちの絶叫がこだまする。 果たして彼らに生きるチャンスはあるのか! ? ※amazonから

ワニ好きにはすごくいいんじゃないでしょうか?

これまで観たワニ映画で怖かったのは「カニング・キラー 殺戮の沼」という映画です。カニングキラーのワニも大きく、すごい勢いで暴れるのでめっちゃ怖いんですけど、現地テロリストに襲われるシーンだったり人間的なグログロな話もあったりするので、もしカップルでワニ映画を鑑賞したいなら「マンイーター」をおすすめします。(ワニが好きな女性っているのかな?)

カニング・キラー 殺戮の沼 [DVD]

カニング・キラー 殺戮の沼 [DVD]

ワニ映画って、、、そもそもアニマルパニック系はまさにB級と呼ばれやすいジャンルだとは思いますが、この映画は普通に怖いと思います。

前半ちっとダラダラした感はありますが、小島でガタガタブルブル食われる恐怖ってのは良い見せ方かなと思います。追いかけられるのも怖いですが、出られないのも結構怖いですよね。

個人的に好きなのはラスト。ものすごくでかいワニと傷つきながらも逃げるシーンはブルブルしました。ワニとあんなに近くで触れ合えるなんて(違)

普通にワニパニックで楽しみたいなら、この映画を観ましょう。ハズレではないと思います。

自分のレビューって、いい映画のレビューは少ない気がする。いい映画は面白いはずなのに何故。B級はツッコミが多いからかな。

マンイーターDVD

マンイーターDVD

隊長は「UFO 侵略」を観ました

うん。いろいろ長い。

風邪を引いたので、huluで4本ほど映画を観ました。

その中の1つがこれ。

UFO -侵略- [DVD]

ぷんぷんしませんか? ええ。もちろん腐ったほうの匂いですが。

それではレビューです。

あらすじ

いつもと変わらない朝。 マイケル達は、原因不明の停電に気づく。 ラジオは雑音ばかりを流し、携帯電話はつながらなくなっていた。 何かがおかしい… 外に出た彼らが目にしたのは街を覆うほどの巨大なUFOだった。 彼らは人里離れた農場で暮らすマイケルの叔父のジョージに助けを求める。 宇宙人の到来に備えて何年も前から準備していた元特殊作戦隊のジョージは変り者とされて、疎外されていたが、彼の考えは正しかったのだ! ※amazonから

いつも、鑑賞したあとにあらすじを書いたり、引用したりしていますが、話をごっそり飛ばしてんなおい。

さて、この映画ですが、なんか色々話が長いです。

  • 俺は忠告したぞ!と、いかれたおっさんからの話
  • 水を分けてくれないか?と、暴動からやっとこさ飲食物を手に入れた主人公たちからカツアゲするおっさん2人の絡み話
  • 人類はもうだめなんだよ。をガソリンスタンドの人から伺う話

1つの1つの場面の話がいちいち長いんですよ。なので、話半分でしか覚えていない。

そのせいもあってか、この映画。時間が101分となっています。あと20分追加したら2時間よ? 長い。長過ぎる。

もちろん、話だけじゃないのですが、特に話もないシーンもちょっとくらカットできんの? みたいなことも多いので、だるいのです。ゆっくりのったり話が進みます。これは仕事終わったあとに観たらよく眠れると思います。

また、宇宙人との戦争シーンとか、宇宙人との絡み具合を楽しみにしている我々B級マニアからすると、面白みもない人間同士のアクションだったり、ところどころ、人間通しのドロドロシーンなどみても、何も面白くないわけですよ。

アクションシーンはまだマシなほうだと思います。というか、結構ちゃんとアクションしているかも知れません。けど、俺がみたいのはそこじゃねーよ!! 宇宙人だせやこら! タイトルが泣いているぞ!!

このパッケージみて、借りる理由なんて(宇宙人の絡み)それしかないだろーよ!!(huluだけど)

という感じで、一般に面白くないと認定される作品だと思います。

褒める所と言えば、冒頭の激しめのセックスシーンとまぁ頑張って伏線貼っておいて全部回収したことかなとは思います。

ラスト付近で謎の宇宙人同士の撃ち合い(もしかしたら人側だったのかも、暗くてよく見えん)と結局こいつら何しに来たんや。。。(一番大事かも)ってことだけが、よくわかっていませんが。

うん。B級好きな人は観てもいいかも。責任はとれませんけどね。

UFO -侵略- [DVD]

UFO -侵略- [DVD]

隊長は「貞子vs伽椰子」を観ました。

うぉおおおおおお!!!? これはっ!!! これは・・・・おしい(´Д`)ハァ…

今年最後のレビューです。ってか、料理ブログと映画ブログ全く更新してないけどね!!!

そもそも趣味の料理と映画が全くできていないのね!!!!(´;ω;`)

今や、プログラミングに没頭してしまって、、、映画とか料理するのが億劫な感じ(時間使うから)

リハビリがてらちまちま観ているので、スローペースでこれからも見続けようと思います。

さて、今回はこちらの映画。

映画「貞子vs伽椰子」特別映像

うん。これは絶対見るべきだ。 そう、悟りました。

あらすじ

女子大生の有里の親友の夏美は、その映像を見ると貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死んでしまうという「呪いのビデオ」を見てしまう。一方、入ったら行方不明になるという“呪いの家”の向かいに引っ越してきた女子高生の鈴花はある夜、行方不明になった小学生をその家の中で目撃、居ても立ってもいられなくなり、足を踏み入れてしまう。そんな2人をそれぞれの呪いから解き放つため、異端の霊能者・常盤経蔵と助手の少女・珠緒は、貞子と伽椰子を激突させ、同時消滅させるという驚くべき計画を立てる。(引用 wikipedia

貞子の呪い2日になったのか・・・。短気になったなぁ。7日って結構ながいもんな。

さて、こちらの映画。監督さんは日本が誇るB級ホラー映画の偉人(個人的にそう崇めているだけ)。白石監督です。

白石晃士 - Wikipedia

ネットで騒がれるようになったのは「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01【口裂け女捕獲作戦】」って、オリジナルビデオがニコニコ動画とかで公開されてからじゃないかな? 私もこれでこの人を知ることができました。

映像はチープでありながら、見せ方が上手なんですよ。ちゃんと怖い。

え? ていうか、「ノロイ」って映画もこの監督だったのね。いまはじめて知ったわ。

その白石監督が、日本が誇るホラー映画のキャラクターを戦わせる映画のメガホンを取った。これは観ない理由はありません。

ということで、久々にワクワクしながら映画を観ました。

うん!。。。。。おしいな、これは(°ω°

www.youtube.com

PVからわかると思いますが、結構怖い!

よくできていると思います。呪怨側は瞬殺していきますが、貞子側は呪いころされないように足掻こうとしますが、中々うまくいかなくて、結局呪い殺される日になってしまった、あのジワジワくる感じがいいと思います。今回貞子メインなところが多かったような気がする。

DVDが主流となった今は呪いのDVDになるのかな? と思ったら、リサイクル屋のVHSデッキに入っていた呪いのビデオでした。考えられているのね。

さて、何故おしいと思ったのか(個人的に)。皆様思い出してください!この映画のタイトルを!

「貞子vs伽椰子」

そうです! これは「vs」の映画なんです! そうするとどっちが勝つのか気になりますよね? どういうバトルするんだろう?ってワクワクしますよね!?

ここが個人的には微妙だったんですっ!!!

是非見てほしいので、ネタバレはしませんが、その時の自分の顔文字の感じで読み取って頂ければ幸いです。

中盤までの私

;・ω・)ケッコウコワイヤン

終盤の私

・ω・)オ?オオオ?

貞子登場

・ω・)<オーーーー!!!

伽椰子登場

°∀°)キタ━━━━━━━━!!

貞子vs伽椰子

・∀・)オオオオオオオオオオオオオ!!!!!!

途中

;・∀・)ヤベエ!ドウナルノカナ?

衝撃のラスト

;°ω°)エ・・・・?

シャナナナナナナッ!!!シャナナナナナナッ!!!シャナナナナナナッ!!!

という感じです。「よくわからない」と思ったあなたは、ツタヤかGEOへGoー!!

全然関係ないですが、玉城ティナって子かわいいと思ってしまったカワ(・∀・)イイ!!

それでは良いお年を。 現場からは以上です。

隊長は「ダイナソー in L.A.」を観ました。

ダイナソー・ファイター」のリメイク(大嘘)

これまでロサンゼルスが舞台の恐竜映画って結構でているんじゃないかと思います。

さぁ今回も舞台はロサンゼルスで恐竜が暴れまくる映画です。その名も「ダイナソー in L.A.」!!! 本当にそのまま。

ダイナソー in L.A. [レンタル落ち]

こっちのほうが安いかも

過去に「ダイナソー・ファイター」という作品を観たことがあります。これは本当にひどかった(大喜)

ダイナソー・ファイター [DVD]

が、この「ダイナソー・ファイター」と違って、今回はあんまりおもしろくなった。何故だろう。

んじゃレビューします。

あらすじ

バイオ企業の極秘研究、それはDNA操作により恐竜を現代に蘇らせる禁断の実験。しかし計画は失敗し、逃げた恐竜たちが街に放たれてしまう。戒厳令が敷かれ米軍部隊が緊急出動するも、巨大な肉食恐竜の大群に無惨に襲われ、ロサンゼルス全市は地獄の戦場と化す。そんなパニック状態の中、元消防士のゲイブは、恐竜に襲われた娘を救おうとするが…。ド派手にロスを壊す興奮のアクション描写満載のモンスター・パニック映画。 "amazonから引用"

あらすじだけみると、「まだ大丈夫な感じ」が漂ってきますね。B級映画にしては珍しく何も間違っちゃいませんね。

思った以上に恐竜でてきます! 種類は全くわかりませんが、

さて、面白くないと個人的に感じたのは「脚本」だと思います。台詞回し、壮大なBGMと間逆なシチューエーション。どれもこれもスッと入ってこない。ハラハラドキドキさせたいのはわかるが・・・できない!!

なんだろう・・・? 釣りしてて、期待していないから小物でもいいぞーってスタンバっているのに、全部根掛かり。な、この感じ。歯がゆい。おしい。いっそクソでも釣れてくれと、願うばかり。

つーことで、笑えない映画。笑えないコントをゴリ押しでやっても笑えません。

悲しいのは、全くふざけている感じはなくて、真面目で全力を出して頂いているにもかかわらず、全部空回りしている感じ。なので、脚本が悪いのでは? と。

個人的な見どころとしては、終盤のヘリコプターの宙返り

「まじかよ・・・!?」って素で驚いてしまった

前から一回転ではなくて、左から一回転。これって本当にできるのか。

www.youtube.com

背面飛行ってのがあるらしい。ラジコンではできるっぽい。 SFだしいっか。

まとめ

映像の真面目さは伝わりました。今後に期待。

ちなみに、「ダイナソー・ファイター」と「ダイナソー in L.A」どっちをオススメする? って言われたらもちろん「ジュラシック・パーク」です。おとなしくいい映画見ましょう。クソを探す人には「ダイナソー・ファイター」がいいと思います。

現場からは以上です。

ダイナソーinL.A. [DVD]

ダイナソーinL.A. [DVD]

B級映画の条件

昔残していたメモを晒す。

なんかwikiとかから引っ張ってきたんだろうけど、雑にまとめられているので今後の参考にしようと思う。

B級映画の条件とは?

何をもってB級映画なのか?

基礎知識

本来B級映画とは「低予算映画」を指す言葉である。その定義で分けると「ターミネーター(1st)」や「SAW(1st)」なども当てはまる。

しかし、今日にいたる定義としては「つまらない」「時間の無駄」「お金の無駄」などの不満などを含んだ低評価映画のことを指すことが多い。俗にいうC級以下の映画(最悪な映画はZ級と言われたりする)のことを指す。

ただ、極論としては属人化してしまうことが多い。傾向としてはB級映画が好きな人は

  • モンスター・パニック、ホラー、サスペンス、グロテクス(俺は嫌い)を好む人が多い
  • B級映画に対し耐性があり、そんじょそこらのB級映画では不満をいうことは少ない(基準:シャークネード、エイリアンVSプレデターキラーモスキート等)

さらに言えば、映画の本質としては「楽しめた」かである。ランクとして

  • 感動した、すごく満足した
  • 面白かった
  • 予想通り、そこまでの出来であった
  • 最悪、全然楽しくなかった

となるはず。

また↑の感情は人によって好きなジャンルがあるはず。それに沿って判断されるので、属人化の影響は大きいと言える。

感動系が好きでグロに耐性がない人が、「ホステル」というグロテスク&サスペンス映画を鑑賞させたところで星が1つ付けるか、またはトラウマになりかねないのは簡単に予想できることである。(好きになるかもしれないけど)

B級映画の条件

先に説明した通り、人の「つまらない」では単純に判断することはできないと思われる。なので、レビューだけでは判断できない。

よって、いくつか情報を絞った結果。B級映画は下記を含んでいると思われる。

  • パッケージの絵柄が、他映画、またはオリジナルであろう映画と類似している
  • 映画名が他映画と類似している(例外あり)
  • キャッチコピーに他映画名が使われている
  • 映画宣伝の文言に他映画名が使われている
  • ジャンルが「ホラー」、「モンスターパニック」、「デザイスターパニック」である(例外あり)
  • 映画監督、出演者名が無名にちかい。聞いたことがない(友情出演などの例外は多数あり)
  • 映画の配給会社が「アルバトロス・フィルム」、「トランスフォーマー」、「プライムウェーブ」、「ニューセレクト」、「NEX」、「MID SHIP」、「アートポート」、「インターフィルム」、「フルメディア」、「@ホームエンターテイメント」、「トランスワールドアソシエイツ」、「彩プロ」、「日活」、「GAGA」 「ソニーピクチャー(例外多し)」

以上が、今の自分の中での条件である。

隊長は「モンスター・トーナメント」を観ました。

世界中から集められたモンスター達がガチンコする。夢の格闘技!その名も「モンスター・トーナメント」!!!

モンスター・トーナメント (字幕版)

鼻から魂が抜けていく気がします。

なにこれ? 「13ゴースト」の劣化版?

ちなみに原タイトルは「Monster Brawl」です。”怪物達の乱闘”です。

トーナメントちゃうやんwwwww

久々なので、軽いレビューを始めましょう。








冒頭、突然始まる実況。

ついにモンスターの乱闘を開催することができました!

企画者曰く、「格闘好きな俺にとってモンスターはドラッグ(?)だから、実現してうれしいし、絶対にたのしい!」

場所はお墓。しかも呪われた場所だってお!

ルールは無し!ギブアップなし!相手が死ぬまで実行される!

世界が注目する中、さぁ今ゴングが鳴る!!!

(°Д°)

・・・( ゚д゚)ハッ!

おっとっと、あぶないあぶない。久々なクソにちょっと眠りそう意識を失いそうでした。

なんかよくわからないけど、とりあえず競技はプロレスっぽいです。

続けます。








1回戦はサイクロプス先生です。

トーナメントするから参加しない?という通達。

え。通達の人大丈夫なの?

「ふざけるな!」と言われて殺されるんじゃ・・・

「時は満ちた・・・」

は?(°Д°;

「今こそ◯◯(なんていっていたか忘れた)に復讐するときだ!」

競技相手に復讐する相手がいるのかな?(いなかったです)

とりあえず突っ込むのをやめたほうがいいかもね(^ω^

お相手は魔女

通達者は業界では有名なセコンドらしい。

「近々モンスター・トーナメントをやるんだ!」

これに返事する魔女。「帰れ!」

これだよ!これこれ。これが普通の反応だよ!

「勝てば村のみんなに仕返しすることができるぞ!!」

「...ふむ。入りな!」

Why?(°Д°

そんなにみんなに復讐したいんか。

そんなこんなでトレーニングする風景とかありますが、まったくおもしろくないので、飛ばしてもいいかも。








それでは始まります。「サイクロプス vs ウィッチ・ビッチ」

カァーン!!

さぁ始まりました。前代未聞のプロレス。「サイクロプス vs ウィッチ・ビッチ」

ウィッチ・ビッチが先制です! サイクロプスに金的攻撃!

しかし、急所への攻撃は禁止されている。ここでウィッチ・ビッチ警告される。

おおーっと! 注意されている間に、サイクロプスがハンマーをつかみ、ウィッチ・ビッチをボコボコにしていく!

(これは反則ではないのか・・・? (^ω^; )

おっと・・・? おっとぉ!?

レフリーが死んだぁああああああああああ!!! 首んチョンパだぁあああああああ!!!

ぁあああああああああ!

ちょっとしたらウィッチ・ビッチもサイクロプスのビームに焼かれて死んだぁあああああ!!!

ウィッチ・ビッチのセコンドが怒り余って、サイクロプスに挑む => 瞬殺!

・・・・

あーもうめちゃくちゃ。

とまぁこんな感じで続々と乱闘が始まります。

ここからは説明じゃなくて、参加しているモンスターのちょっとした感想を書いていきます。








2回戦はミイラ男とドラキュラです。

あードラキュラの衣装がちょっとエッチじゃない・・・・?(*´Д`*)

f:id:aipacommander:20160721203712p:plain

チェンジ!!!








3回戦は狼男とスワンプ・ガット。

スワンプ・ガットって初めて聞いたわ。

なんか急にスワンプ・ガットのドキュメンタリーみたいのが始まったwwwwwなんだよこれwwww?

「スワンプ・ガットは世界中に10体以下しかいません。今も減り続けています」wwwwwやかましいわwww








4回戦はアンデッド(ゾンビ)vsフランケンシュタイン

ゾンビ絶対負けるでしょ。。。(負けました)








とまぁ、こんな感じで勝利したモンスターは次のやつと勝負するって流れだ。

総評すると、つまらなくはなかったけど、面白いとも思わなかった。

単純に感想を言うなら、モンスターとプロレスを掛けあわせた企画は面白いと思った! 発想は面白いと思ったわ。

また、プロレスとモンスター映画が好きなら、たまらない(責任はとらん)作品じゃないかなと思う。

ただ、いまいちな評価として、せっかくモンスターとプロレスを掛けあわせてたのに、モンスター要素が弱く、申し訳程度にしかモンスターの魅力が使われていない。

もっとハラハラドキドキする攻防を見せてもいいんじゃないかなと思う。モンスター同士が普通に戦っても、なんつーかな、痛みや凄みがあまりにも感じられない。多分プロレス好きな人達って、「こんなの食らっても立ち上がるプレイヤーすげぇえ!!」ってのが楽しみのひとつでもあるんじゃないかな。

でも、モンスターが本気で暴れたら瞬殺になりそうだから、それはそれであっさりして面白く無いかも。

プロレス好きならまぁ楽しめるかも知れないけど、プロレス詳しくない自分はあんまり楽しめなかったよ。狼男の四の字固めとか誰得。

と、そんな感じの映画でした。良ければどうぞ(^^