あいぱー隊長の映画批評

アイパー隊長の映画批評のブログです。だいたいB級しか觀ないので、面白くないかも(´・ω・)

隊長は「ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ」を観ました。

あれ・・・・?意外に面白い

今回はこちら

ゾンビマックス!  怒りのデス・ゾンビ [DVD]

お〜〜〜〜や〜〜〜?これはあたり(はずれ)かな?と思い、勇気をだして視聴しました。

と、思ったけど結構面白いほうじゃないかな。この映画。うん。面白いと思った。ネタバレしないようにどうにかレビューしてみる。

あらすじ

生 き る た め に 狂 え ! 謎の彗星が地球に降り注ぎ、ほとんどの人類がゾンビ化してしまう謎の奇病に侵されてしまった近未来。わずかな生存者たちは過酷な現実を必死に生き抜こうとしていたが、食料や物資は不足し、さらに隕石の影響で貴重な燃料資源は使用不可能になってしまう。妻子を失った平凡な整備工・バリー(ジェイ・ギャラガー)は同じ境遇の生存者たちに助けられ、彼らが所有するガレージに命からがら避難する。はたして、このまま世界は狂気と絶望に支配されてしまうのか? その時、一筋の光明がさす。バリーたちはゾンビの血液がガソリンの代替になることを発見したのだ。滅びてたまるか! 人類の逆襲が片田舎のガレージで始まった! ! !

面白いからこれオススメです!ってまでではないが、パッケージの割にはよくできている映画だと思います。良い意味で裏切られました。

前半は若干だるいので、「あぁ、パッケージから予想したとおり・・・」という気持ちでみていたのですが、後半に入るとテンポがよくなり飽きもせずサクサクみることができました。うん。面白い。

個人的には従来のゾンビ映画になかった新鮮さがありました。

まずひとつはあらすじにもあるようにゾンビの血液が燃料になります。なぜかって?深くは考えてはいけないと思います。よくわかりませんが、今我々が利用しているガソリンがこの世界では利用できなくなります。ほんで、なぜかゾンビが吐く息、血液が燃えるようになり、それらをうまく車に供給させることで燃料となり、走るようになりました。

何故燃料になるのかは謎なんですが、この設定により、いるだけで邪魔なゾンビが資源に見えてくるから不思議。

まぁこのままじゃゾンビいっぱい捕まえて移動したら逃げれるじゃん!という考えになりますが、それは失敗します。この映画のゾンビは昼間しか燃料になりません。夜は活性化するのか燃料になる息を出さず、凶暴化して一般的にめんどくさいゾンビとなります。ちなみに理由はわから(ry

もう1つ、主人公の妹に面白い設定があるのですが、、、まぁこれはネタバレする必要があるので、ぜひお時間に余裕があるかたは観てみることをオススメします!。俺は楽しかった!!!ひさびさにあたりくじ引いた気持ち。

隊長は「エリア・オブ・ザ・デッド」をみました

エリアとは・・・・? 感染とは・・・・、そうか!ゲッター線とは(ry

昨日の夜中見たのこれ

エリア・オブ・ザ・デッド [DVD]

やっぱりこう、タイトルとかパッケージで臭うんですよね。「ああ・・・これは・・・・」的な。チャレンジはするけども。

そもそも、コメディで検索したのにゾンビがでてくるって見てしまうでしょ。

で、コメディでもなんでもなかったけども、レビューは書こうと思います。

お、Amazonみるとなんか面白いことが書いてある!!!

"全米で20万人以上の学生が熱狂! 500以上の大学が“公式"認可! 人気沸騰中のロールプレイングゲーム「HUMANS VERSUS ZOMBIES」、初の映画化!

なるほど・・・・・・

あらすじ

感染、増殖、混沌(カオス)…。そして、生き残るためのサバイバルが始まる―

夏休みの大学キャンパス内でゾンビウィルスが発生。感染は皮膚接触を通じてまたたく間に広まっていく。 一度感染した者はウィルスに支配され、人肉を求めて徘徊するゾンビと化す…。 不幸なことに「ゾンビvs人間」というゲームが流行しており、楽観的な学生たちはゾンビ感染という事実に気付くことが出来ない。 キャンパスに戻ってきた学生たちは次々とゾンビ化した人間に襲われ、感染はまたたく間に街の中まで広がっていく。

www.excite.co.jp

うーん、予備知識無しに見たのがアレだったのかもしれないが

まず、「ゾンビvs人間」のゲームが流行っているという描写がわからなかった。確かに今思えば、そういうゲームをプレイしているシーンがあったけどそれのせいで本当にゾンビに気づかずやられた的なシーンはない

せっかくそれをテーマに映画化したんなら、もうちょい押せや!!宣伝せいや!!!

はい。

ほんで、セリフは脚本が作るのかな?セリフの言い回しがなんかちぐはぐでツッコミの練習になる。あんまり覚えていないが、ゾンビに襲いかかるとき?「よし!同時にいくぞ!!!」っていったあと数秒後に「ぼくが先行する!」って攻める人が

f:id:aipacommander:20181008100457j:plain

こんなのが結構ある。逆に面白い

ちなみに、序盤は結構好き。ニュースやら一部では「人に噛まれた!」とか「ゾンビウィルスが流出したので注意してください」とか徐々に世界が壊れる流れは良かった。テンポは悪いけど

最高に褒めるところは女子大生(多分俳優さんは年齢もっと上だと思うけど)のシャワーシーンが視聴できるところかな。よくやった

ゾンビマニアが制覇の称号をえるために通過すべき苦難という映画だった。沼に落ちたい人は是非。

しかし、なんでエリアなんじゃろうか。元のゲームとも名前違うし。

エリア・オブ・ザ・デッド [DVD]

エリア・オブ・ザ・デッド [DVD]

隊長は「バトル・オブ・アトランティス」をみました

なにかと不憫なレッド

今回見たのはこちら

バトル・オブ・アトランティス [DVD]

これは・・・・・・・・?!

どうみてもこいつです。本当にありがとうございました。

原題は「アトランティック・リム」。原題はキャッチコピーに使われている。何故だ。

とまぁ、有名なロボット映画の方を水で1000倍に薄めて、最悪なテンポを悪魔合体させて完成した映画が「バトル・オブ・アトランティス」です。

おとといの夜中から視聴チャンレンジしましたところ、戦績はこちら

  • おとといの夜中 中盤の悪いテンポで無事就寝
  • 昨日の昼間 中盤の悪いテンポで無事昼寝
  • 昨日の夕方 ついに勝利!!!

え〜いどりあ〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!

大変だった。。。。

それではレビューです。

あらすじ

異変は、大西洋の海底から始まった。原油層で眠り続けていた“怪獣”の卵が、数億年の眠りから覚めたのだ。この事態を予期していた人類は、人型巨大兵器による防衛作戦“アルマダ計画”を発動。レッドたち3人のパイロットが操る3体の巨大ロボットは、猛威を振るう怪獣に戦いを挑むが…。

アサイラムって真面目にクソ映画作るから面白いと思っていたんだけど、この映画は違いました。

まず、テンポがくっそ悪い。こんなにテンポの悪い映画みたの久しぶりだ。

最近みた映画では「ひきこさんvs貞子」で「うわーテンポ悪ぃなこの映画」と思っていたのに、群を抜いてトップグループ入る映画です。

場合によっちゃ意味がありそうな良さそうなシーンが謎の力によって眠気を誘う。どうしてこんなにワクワクドキドキしないのだろうか。

序盤のバトル、終盤のバトルはまあいいとして、中盤↑のような状態がダラダラダラダラ続くので、視聴者は睡魔と戦うハメになる。手強い。

あとは個人的にはレッド不憫だなーと思った。

この映画、ロボットが3体でてきます。それぞれ「レッドロボット」「ブルーロボット」「グリーンロボット」。で、登場者も3名いて、コードネーム(だと思うけど)が「レッド」「ブルー」「グリーン」

シンプル。

はい。ほんで、レッドがなんか不憫なんですよね。

  • 序盤、レッドが先行して怪獣と戦ったが特に見せ場もなく、また武器で攻撃しようとしたら怪獣に防がれ、街の建物を破壊してしまう -> その罪で監禁される
  • レッドとブルーは付き合っているっぽいが、過去ブルーが酔った流れでグリーンと過ちをおかしたとか。しかし、レッドはグリーンのこと兄弟のように思っているらしく許す(いやいやこれはブルーがただのクズじゃね?
  • 後半、レッド、一生懸命戦うがブルーとグリーンは後ろで応援しながら待機(お前らなんかレッドに恨みでも(ry

見ててかわいそうと思った。

しかし、そんなかわいそうなレッドも勢いだけのアホっぽいし。。。

みんなかわいそう

はい。こんな感じの映画です。

でも、がんばってみれば悪くないこともないかもしれません。責任は取れませんが。

おまけ

アトランティック・リム [DVD]

アトランティック・リム [DVD]

oh.....

バトル・オブ・アトランティス [DVD]

バトル・オブ・アトランティス [DVD]

隊長は「スリザー」をみました

キモいなーーーーーーーーー

やっぱりエイリアンのイメージカラーって緑なのかね。この映画もそれっぽいよね。

スリザー [レンタル落ち]

はい。この映画は何度かみていますが、昨日改めてみました。

ラストで寝てしまったが

んで、夜中起きて見直して朝の今レビュー書こうと思い書いています。

あらすじ

www.youtube.com

とある田舎に隕石が落ちてきた。第一発見者のグラントは恐る恐るそれに近づくが、それはグラントの体に侵入してしまう。それからというもの田舎では、ペットや行方不明者の事件が相次ぎ・・・

2006年ぐらいの映画でしたっけ? レンタルで見た記憶があります。

当時の感想でいえば、まぁきもい映画です。でかい明太子みたいなナメクジが口の中入ろうとするし、入ったら入ったでゾンビみたいになるし、親玉はゾンビを吸収(?)して巨大な肉玉みたいになるし、巨大な肉玉はきもい触手使って人間に卵みたいなもの流し込むし

とにかくキモい!!!(褒め言葉)

この映画、他にもいろいろと面白い点が。

まず陽気な音楽。祭り中に外れでは人が襲われているシーンがありますが、キモいシーンだけど音楽が陽気すぎて笑えます。この映画曲の選択がすごく良い。映画終わったらなぜか口ずさんでしまう曲ばかり。(キモいモンスターパニック映画のハズが)

モンスター・ホラー映画王道のシーンなんかもブレずにみてて面白いです。入浴中にひっそり襲ってくるシーンとか、なんと2つもある!!!

あとは、旦那は奥さんのこと本当に好きだったんだなーと思える点がいくつかあったところですね。なんとなくほっこり(描写自体はキモいけど)

お、久々に褒めまくりの映画だな。そう、よくできていると思います。

ただ、きもすぎるし血もいっぱいな感じなので一人で見ることをオススメします。なんたってR-15の作品だからね。

隊長は「ひきこさんvs貞子」をみました

みんなが知っているあの貞子ではなかった

皆さんは映画は好きですか?僕は好きです。

僕の場合は、気になる最新の映画は映画館で見に行き、過去作は以前はGEOでしたが、今はNetflixで見ています。

Netflix、ドラマやバラエティも多く、嫁と一緒に楽しめます。

また、僕にとっては一般的に面白い映画だけじゃなくて、謎にB級映画もリストアップされていてすごく良い(ハッピーになる前のHuluは少なかったイメージ)

さて、Netflixの~ステマ~ 紹介はさておき、今回見た映画はこちら。

ひきこさんVS貞子 [DVD]

おやおや・・・

movie.aipacommander.com

以前、↑の映画のレビューを書きましたが、こちらは面白かった。ほんで、vsシリーズ、人一倍情報を追っていたつもりでしたが、まさかひきこさんとバトルしていたとは・・・。あの有名な井戸のやつでしたら、もっと明るみにでると思ったが、正直Netflixでみるまでには聞いたことなかった映画でした。

と、若干の不安を残しつつ鑑賞しました。はい、本当にありがとうございました。レビューです。

あらすじ

都市伝説ホラー「ひきこさん」シリーズ第4弾。学校では毎日イジメを受け、家でも両親から虐待や暴力を受けていた高校生・栞。ある日、同じくイジメの対象にされたクラスメートの渚とTVで話題のある“実験”をしていると、渚に禁断の能力が宿り…。

まず第一声が「うん、やっぱり違うよね」

  • 俺が知っているのは「山村貞子」。この話にでてくるのは「高村貞子」->誰?
  • ひきこさんvs高村貞子

これが正しい。

ということで、パッケージの井戸で判断すると、みんな地獄に落ちてしまう詐欺ですね。ここまで露骨なパッケージ詐欺久しぶりだ。

有名なやつは井戸に落とされて怨念が・・・的な話ですが、今回井戸は全く出てこないのでやっぱり全く関係ないですね。良かった!(?)

良いところといえば、胸糞悪い気持ちになるという点かな。いじめよくない。演技が若干下手なのは置いておき、謎に集団でボコボコにしたり、レ○プとかしたりこれは胸が締め付けられた。辛い

はい。褒めるところ終わり。この胸糞悪さに加えて襲ってくるのはテンポの悪さです。

  • 謎に取り続ける長いシーン(3秒ぐらいでいいのに最長10秒とか)
  • 謎にフォーカスされる催眠術(vs相手が憑依するシーンなので大切といえば大切だが無駄に長い)
  • ひきこさんに引きずられるシーン(ひきこさんよくわからんがこんなテンポ悪いんかな)

戦うシーンはまぁ。。。いいんじゃないかな。うん。正直暗くてよくわからなかった。あとひきこさん強すぎ。

まとめとしては「テンポ悪いのが厳しいがひきこさん強いし、リング関係ないから初見の人もオススメです(?)」

現場からは以上です。

ひきこさんVS貞子 [DVD]

ひきこさんVS貞子 [DVD]

隊長は「新エイリアン 最終繁殖」をみました

関係ないけど、なんでエイリアンってイメージカラーが緑なのかね?

期待しなかったわりにはよくできているなーと思った映画です。

かといって、面白いかと言われるとうーんそうでもない。ぼくは満足したからいいけども。

Amazonのこの映画の内容紹介ワロタ

★人知を超えた完全な生命体と化したエイリアン、その全貌を目撃せよ! 
≪生態≫
単為生殖で繁殖。餌となる人間の血を捕食しながら成長、変態して4足を備えた成体たるエイリアンへと成長する! 
≪成体の特徴≫
(頭部) ・・・ 三角の形状で硬質な皮膚、銃撃を跳ね返す
(視覚) ・・・ 目はなく、嗅覚にて生体フェロモンを感知する
(口顎) ・・・ 全てが牙のような鋭利な歯を持つ
(手) ・・・ 2本の手、4本のサーベルのような指を持つ
(足) ・・・ 4つの足を持ち、時速50kmの速さで走る
(尾) ・・・ 身の丈以上に長く、先端は槍の穂先のように鋭利な形状を持つ
(外殻) ・・・ 硬質で極端な温度変化にも耐え、銃弾や爆破も効かない
(身体能力) ・・・ 10m級のジャンプ力を誇る
(知能) ・・・ 電磁波を放ち、機械の動力を意図的に絶つ知能を持つ
(触手) ・・・ 胸部から触手が伸び、動物の血を吸い尽くす
強靭な身体組織、突出した運動能力、強い生存本能を持つ完全な生命体! ! 

原題は「THIRST」らしいです。渇き・・・・。まぁ確かに渇いてそうだったな

さて、レビューです。

あらすじ

臨時ガイドとして叔父叔母が運営するお金持ち不良高校生達の更生プログラムに参加することになったロス。 グループはキャンプ地に向かう途中に謎の物体と何者かに惨殺された遺体を発見する。 不安を抱えつつもキャンプを続行し、夜を迎えた一行の前に突如謎のエイリアンが姿を現す! 叔父が殺され、洞窟内に隠れた学生たちも次々と捕獲され殺されてしまう。 何とか生き残ったロス達はエイリアンが地球で繁殖しようとしている事実を目の当たりにする。 救助を求めベースキャンプに戻ったロス達だったが、そこにエイリアンが襲ってくる! ! 逃げられないと悟ったロス達はエイリアンに真正面から挑んでいく―!

映画みたあとにあらすじ見るとツッコミたくなるな(ちょっと違うんだよなー

まぁいいや

この映画、何も考えなくても見れるいい意味で空っぽな映画です。

基本、エイリアンに追い回される主人公グループを見るだけの映画。それだけ。

宇宙からきた謎の生命体、はたしてその目的は?なんのためにきて、何がしたいのか。わかりません。

描写から繁殖するのは目的の1つなんだろうが、こいつが何なのかなんで地球に落ちてきたのかは全くわからない。

ので、ぼーーっと見ているのが一番かなと思います。

で、このパッケージとタイトルみたら皆さん期待度が落ちると思います。自分もそうだった。が、予想を裏切りよく作られていると思います。CGが若干チープなのはまぁさておき、テンポが悪くなくスムーズに進みます。良い。夜中にみましたが、寝落ちすることなく見ることができた。

最初は仲が悪い男女も途中途中で助けたり会話したりでお互い(なぜか)メロメロな感じに。ラブもうまれる心温まるストーリー!!(?)

また、メインの怪物は皮膚がすごく固く銃弾も効かない恐ろしいやつです。というかこれ実はロボットじゃないの?

で、腹部から謎の触手がのびてきて、捕まえられたら吸血されるという。これはエグい。

手な感じで、ほぼほぼ無敵なやつに追っかけられるんだけど、なんだろう。あんまり怖くなかった。展開が読めすぎたせいなのかな。

なんかこう、感情移入?できなかったのは、怪物の行動がこう都合のいい感じに動いていたからかな。例えば小屋で追い込んだのに、追撃せず帰るとか捕食者として謎の行動(あとお前の攻撃力なら小屋ぐらいぶっ壊せるような気が)とかあったので、ほーんって気持ちになったからかな

というわけで、期待せずみると以外に面白かったが、人にオススメするかどうかは任せますという映画でした。

オススメです。頑張ってみよう

なるほど・・・・?

隊長は「ジュラシック・リボーン」を観ました

「スパイダー・パニック」を思い出した。そっちのほうが名作だけど

ジュラシックワールド2」を観てきました。そっちのレビューは今度書きたいなと思うけど、楽しかった!!あの映画、ワールドシリーズになってから、SFアクションというより、ホラーってカテゴライズするといいと思う。

ほんで、家に帰ったら嫁と余韻を話すのね。ジュラシック・ワールドの楽しみ方って、過去作を知っている人ならわかると思うけど、セルフオマージュ的なシーンが多いんですよ。なので、観てて「おぉ!」ってなるわけ。すると、過去の話でも盛り上がるとのでファンは楽しい。

過去の話をしてると、やっぱり過去作見直したくなるわけで、Netflixで探すわけです。

で、観たのがこれ

ジュラシック・リボーン [DVD]

ネタバレするとパッケージの恐竜はでてきません。

あらすじ

人類vs恐竜群! 地球最終争奪戦、勃発! ! 再び、地球にジュラ紀<恐竜時代>が訪れるのか! ?

宇宙から地球に向けて隕石が飛来した。 ジョナスとラースは、行きつけのバーの看板娘キャンディスから、隕石を発見し大金を手にした知人の話を聞き、 一攫千金を夢見て、早速、隕石を探しに郊外へと向う。 奇跡的に落下現場で隕石を発見し、キャンディスに知らせようと大喜びのジョナスとラース。 しかし、翌朝、事態は一変する。突如、地球に襲い掛かる謎の翼竜群に人々が襲われ街は大パニックとなっていた。 逃げ惑うジョナス達であったが、ラースが高層ビルの奴らの巣窟に連れ去られ、翼竜の雛の餌食という絶体絶命のピンチに出くわしていた。 ラースを助けようと救出に向かったジョナスとキャンディスであったが、そこにとんでもない大ボスが現れる―! ! (引用:Amazon CAPTCHA)

観なくてもわかる。これは臭う。臭うぞー!!

レビュー

この映画の見どころから先に説明すると、主人公とその友達のやり取りが結構好きです。主人公はすげー駄目人間で、酔いつぶれている友達のポッケからお金盗んだり、友達の車でよそ見運転してしまい障害物にぶつかりそうになるなどやりたい放題。いい感じのクズです。はい。なんだろう。主人公は過去命の恩人だったのだろうか、それとも弱み握られてんのかなと思ってしまった。

書いたとおり、クズ人間ですが、やり取りは青春映画、腐れ縁の友達のやり取り的な雰囲気で嫌いじゃない。中盤から後半にかけても、文句はいえどお互い信頼しあっている感じは素敵だなと思った。

(ちなみに、この映画はネットサーフィンをしながらみてしまった映画なので、設定や会話が曖昧でしか覚えていないので齟齬があるかもしれません)

他のも見どころが、有名な映画と比較してCGはチープさが拭えませんが、B級界隈からするとCG進化したなーと感じてしまう出来だった。うん。普通にみれる。普通にみれるぞ!!

中盤チープだったけど、終盤にでてきた恐竜は素晴らしいと思った。ちなみに最後にでてきた恐竜は恐竜じゃないと思う(見ればわかります。責任は取りません。

また、人によると思いますが、恐竜映画で、宇宙ってフレーズがあらすじに入ってくるってどうなの?って思うと思います。自分にとってこれは新しい設定じゃないかなと思った。恐竜 x 宇宙って聞いたら鼻から魂がでていく人が大半だと思うけど。

ただ、宇宙設定はあんまり生かされないので安心してください!(?)

いい話おわり

面白くないなーと思ったのは、見どころが少ない。話のアップダウンが小さくて、序盤から中盤まで気を抜いてしまうと寝てしまう可能性が。。。

よくよく考えたら、そんな映画ばっかレビューしてました。久々なだけであって、珍しい話ではないな。

あと、これを話すと盛大なネタバレになってしまうので、あまり言いたくありませんが、恐竜のバリエーションが少ない!!!少ないぞ!!!!

原題でぐぐると一発でわかるはず。

観たくない人はググってきて。観たい人はぐぐらずにいますぐNetflixかGEOへゴー!!!

観た人5%は「あー、なるほど。前こんな映画あったね」 or 「恐竜?!少ないやんけ!なんじゃこら」という、どっちかな感想になるかなと思う。

残り95%は「時間無駄にした」「よく眠れた」が多いと思うな。僕はきらいじゃないけど。そんな映画だった。